menu

学ランをクリーニングに出したらとんでもないことに

 

 

 

penginさん(女性)/北海道
利用したクリーニング店:H社

 

学ランをようやくクリーニングに

長男が高校生の時、制服は学ランでした。

今の学ランは昔と違って、前の金ボタンは裏ボタンにはめて取り外しができるようになっているのをご存じでしょうか。
袖口のボタンは昔と同じように縫い付けてあるので取れませんが、この前ボタンは、なぜ取り外す必要があるのか分かりませんでした、クリーニングに出す前は。

さて、学生服の洗濯は自宅でもできますが、私は学ランの上着は自宅の洗濯機ではどうも型崩れしそうで自信がないので、いつもクリーニングに出していました。

しかも長男は部活もしていましたので、夏休みも冬休みも春休みも!制服登校でした。
あ、夏休みはワイシャツだけだったので、学ランは無しですが。
しかし、日曜日も祝日も来る日も来る日も部活だの、講習だの、模試だのでいつになったらクリーニングに出せるのか?という状態でした。

そんな彼にもやっと学ランの洗濯の日がやってきました!
春休みにたまたま部活が休みになり、急いで出せば何とか新学期までにクリーニングから返ってくるというチャンスに恵まれました。
この日を逃さず学ランとズボンをまるまるクリーニングに出しに行きましたが、思わぬ落とし穴が待ち受けていました。

それは学ランがクリーニングから返ってきた後に起こりました。

 

は?ボタンがない?

みなさんはクリーニングから返ってきた洗濯物を袋から出して確認したりしますでしょうか?
綺麗に汚れが落ちているかどうかはもちろん、破れていたり、無くなっているものがないかなどちゃんとチェックしていますか?
…してますよね、普通するんですよね、私もそうすればよかったのです。

学生服が無事、新学期前にクリーニングから返ってきたことにホクホクして気をよくしていた私は、袋から出さず、ほこりがかかると思い袋から出さずそのままハンガーにかけておきました。

そして、始業式の朝、久々に制服に着替えた長男が、朝ばたばたと二階から降りてきて「制服のボタンが無い!」と焦り始めました。

「ボタンが無い?」の意味が最初分らず「???」だった私が制服を見たらば、本当に前の金ボタンだけが(袖ボタンはあった)、裏ボタンごとまるまる綺麗に撤去されており、ポケットにもどこにも保管されていなかったことに朝から愕然としてしまいました。

「これでは学校に行けない、先生に怒られる(服装チェックに厳しい学校だった)、もう今日は行きたくない」とごね始めた長男をなだめ、何とか替えボタンを探し、裏ボタンは無かったので、安全ピンで無理やり嵌めて学校まで送り届けました。

開店時間を待ってクリーニング屋に電話押して確認すると「ああ、制服のボタンはクリーニングの時に外れやすいので外してもらうんです。言うの忘れていました」とあっさりと返答され、「では、外したボタンは保管されているのか?」との問いに「たぶん」とのこと。

「たぶん」って仮にも客からの(外さなかった私にも非はあるが。戻ってきた時にすぐにチェックしなかった私にも非があるが。)預かり物でしょう?責任問題ですよね?と問えば、探しておきますと気のない返事。

納得いかない、もう二度とここのクリーニング屋使わない、いやそれより、もう二度と制服をクリーニングしない!!とどこまでも悲壮な決意になっていきそうになりました。

結局ボタンは見つからず(裏ボタンもろとも!!)、ボタンを再度制服店に買いに行き、また無くされた時のために予備のボタンをあるだけ店から買い占めた母でした。

学ランのボタンって5つつけてあるんですよね。
でも今現在家には5つでいいはずのボタンの予備のボタンが20個もあるんですよ…。

それにしても、ボタンのついていない前がぱっかりと開いた学ランの間の抜けたことったら…なかったですよ…。

もちろん、そこのクリーニング屋はそれ以来使っていません。