menu

余計な出費と手間がかかり台無しに

 

 

 

黒猫さん(男性)/大阪府
利用したクリーニング店:ノムラクリーニング ekimo梅田店

 

奮発して購入したお気に入りのスーツが…

毎シーズンスーツとコートをクリーニングに出していますが、ある年、いつものクリーニング屋さんにお願いした時のことです。

いつもはおばさんが受付にいるのですが、今回はお兄さんがいました。
その時は普通に新人が入ったんだ、ぐらいで何にも気になりませんでしたが、この後トラブルが起こるとは思ってもいませんでした。

いつものようにスーツとコートのドライクリーニングを頼みました。
服にはこだわりが強く、ボーナスの1/3程を服に使ってしまいます。

去年は少し奮発して、いつもの仕立て屋でゼニヤのロロ・ピアーナの生地を使ったスーツを仕立ててもらいました。
ウール130で、見た目も我ながら美しいと大絶賛のスーツが出来ました。

特にロロ・ピアーナのタスマニアンウールのスーツはお気に入りでした。
ボタンも水牛の角を使ってもらい、裏地も柄入りのものなので今後は勝負服として大切にしたいと思っていました。

クリーニングに出して後日取りに行き、家に帰ると異変に気が付きました。
なんと自慢のスーツのボタンが一個色がおかしかったのです。

最初は汚れかな、と思いティッシュに軽く水をつけて拭いてみましたが取れませんでした。
色落しているのだから取れるわけがありません。色が取れているのですから。

 

新人さんのミスで面倒なことに

後で考えてみたら、スーツを受け取る時、いつもはボタンの上にアルミホイルが付いているのですが、この時はアルミホイルが付いていませんでした。

もしかしたら、ドライクリーニングの時に、ボタンを保護するために掛けるアルミホイルを掛けを忘れたのではないかと思いました。
それか、受け取りの際に使ったトランクからスーツを出す時に、ボタンを守るアルミホイルが落ちたのかなとも思いトランクも見に行きましたが、アルミホイルは見つかりませんでした。

やはり、これはクリーニング屋がボタンにアルミホイルをつけるのを忘れたのだ、と確信しました。

次の日クリーニング屋へ行き事情を話しました。あの新人の男性店員のミスでした。

当日その新人さんはいなかったので、他の店員が謝罪してくれましたが、正直本人に謝ってほしかったです。
そして返金もしてくれましたが、ボタンのダメージ代金はもらえませんでした。

後日スーツを作ったテーラーへ行き事情を話し、ボタンだけ付け替えてもらうことにしました。

勿論スーツを作ったテーラーには何の責任もないので、同じボタンを買う必要がありました。
料金の方は返金してもらったお金で何とかなったのですが、問題は時間です。

その時たまたまその色の水牛の角のボタンの在庫がなくなっており、取り寄せになってしまったので、本来であれば当日中出来るものが一週間後になりました。

ちょっとしたミスでしたが、費用とすごい手間が掛かかってしまいました。

クリーニング店には、お客さんの大事な洋服を預かっている、という意識を持って、扱いには充分に気を付けてほしいです。