menu

予想外の出来事に唖然

 

 

 

MOMOmomさん(女性)/東京都
利用したクリーニング店:さとうクリーニング

 

引越しを機に近所のクリーニング店にお世話になることに

今から数年前、引っ越しをしたとき、新しい町で一番近いクリーニング屋さんを探しました。

それまで住んでいたところで利用していたクリーニング屋さんはもう遠くなってしまったので、別のお店を探すことにしたのです。
知り合いもまだいなかったので、インターネットで検索したり、広告を見たりした結果、小さなクリーニング屋さんでしたが、一番近いところで徒歩8分くらいのところに決めました。

我が家が丘の上になってしまったこともあり、クリーニングの衣類をもって歩くのも大変なので、距離だけで決めてしまいました。
駅やスーパーマーケットからは離れていましたが、一応通り道なので便利かとも思ったのです。

最初に行ったときのイメージは、店は小さいですが、年配の女性とアルバイトの学生さん2人くらいでアットホームな感じでした。
この街でも長くクリーニング屋さんをやっている地元の方の様だったので、慣れない町のことをいろいろ教えてくれたりして、従業員の方や店そのものの雰囲気も悪くなかったです。

お客さんも私以外にいつもいましたし、よいクリーニング屋を見つけたと思っていました。

しかし、利用しているうちにいろいろなトラブルが起こってしまいました。

 

洋服が行方不明になる事があるなんて!

まず、最初に起きた出来事は、Yシャツをクリーニングに出したところYシャツの大きさはLLサイズなのですが、出来上がった日に取りに行ったところ、渡されたのはSサイズした。

見た瞬間気づけなかった私もいけませんでしたが、慌ててクリーニング屋さんに返しに行ったら「ああ、ごめんなさい」と言われ私のほうの正しいYシャツは他の人に渡してしまったということでした。
お客さん一人ひとりに電話などをかけてくれ、探してはくれましたが、誰に渡したか判明できず戻っては来ませんでした。

別のクリーニング屋さんにしようかとも思いましたが、そこ以外は遠かったので引き続きお世話になっていました。
すると今度はロングスカートが返ってこなかったのです。

引き取りの日にクリーニング屋に行ったら、店の中にないですと言われ引き換え伝票を見せて、間違いなくこのクリーニング屋さんに出していますといったら、また時間をかけて他のお客さんに確認してくれました。

しかし、また見つからず、さすがにクリーニング屋さんも申し訳ないと、スカートの値段を聞いてきたので伝えたら、その分のお金を現金でくれました。

すぐに対応してくれたりしたのはありがたいですし、他のお客さんも自分が出したのと明らかに違うものが渡されたわけですから、いつまで経っても気づかないのも不思議なので、クリーニング屋さんだけの責任ではないかもしれませが、クリーニングに出したものが返ってこないのは予想外でした。